QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
プロフィール
ゆきかぜ
ゆきかぜ
新潟県中心に出没する日本兵ゲーマー。
ミリオタでありアニオタ、といいつつ全体的ににわか。

日本兵、自衛隊装備中心で活動中。嫁の写真片手に突っ込んでくアホがいれば、それは9割方自分です。機銃掃射でなぎ倒してあげてください。

今年は参戦率向上を目指して頑張るっぽい。

2016年01月05日

明けまして明治夏衣



明けましておめでとうございます。おひさしブリーフ、ゆきかぜです。ブログを完全に放置プレイ中でしたが、年も開けましたので本日めでたく復活。今年も投稿ペースは恐らくめちゃくちゃ遅いですがよろしくお願いしますm(_ _)m

さて新年一発めの投稿は久しぶりの製作品。今回は



明治22年式夏衣(?)的なものを製作しましたっ。



裏。型紙は大正期の改四五式からとったものを流用。丁度いいくらいのサイズです。ちゃんと短上衣にしてありますよっ。



袖章。これがいまいち分からんのですが、どうなるんでしょう?何を見ても「夏衣は山形白線を付す」くらいしか書いてなくて…一応、全体的なレイアウトは以前某オクで出品されていた明治夏衣を参考にしているので間違った物は着けていないつもりですが…
あ、ちなみに裾は二重になってるので夏衣でもかなりしっかりした感じになってます。袖章はいいぞ。



前はホック止めで、上着の前見頃の縫い目で挟み込んであります。この辺は海軍士官冬衣を参考にしてます。



左胸には内ポケットも完備。確かポケットって初期は左胸に内ポケット1つでいいんですよね?
これも現物が無いので、前述の改四五式の物を少し小型化したものを縫い付けてます。
どうでもいいですが僕はこの内ポケットの縫い目が表に出てるのが大好きです。愛しているっ!

・・・と、既についったーの方にあげた画像ばかりですが、簡単な紹介も兼ねて上げてみました。半井閣下が夏衣の実物を所持しており貸してくださるとの事なので、お借りできたらまた改めて比較させていただこうとおもいます。閣下、いつもありがとうございます…

と言うわけで、非常に簡単ではありますが今年の初投稿、「明治っぽい夏衣」の製作品でした!ここまで読んでくださりありがとうございました。他にも何点か製作しましたので、またそのうちに…
それと重ねて、本年も何卒よろしくお願いしますm(_ _)m

最後に、新年の抱負じゃないですが今年は軍装だけでなくコスプレにも手を出してみようと思います。止めてくれるなおっかさん。
何のこすぷれかって?そりゃあ…


ん?今なにk(ここで文章は途切れている)



To be continued!!!
すみません、何かまた画像がめちゃくちゃ小さくなってますね。ほんとに、なんなんでしょう、これ…(誰か対処法を教えてください…)

夏衣の写真は以下のツイートに全部上がってますので、気になるかたは飛んでみてください。

https://twitter.com/yukikaze032408/status/678474709759987712

それと、最後の画像は某国の守護者の中尉さんです。彼かっこいいよね。



同じカテゴリー(製作品)の記事画像
日本陸軍 昭五式背嚢・・・のようなもの
日本軍外套用防寒襟
そういえば
防寒装備でソ連軍陣地に突っ込んでウ゛ェールヌイたんの砲撃で吹き飛ばされたい。
糸巻きを作ろう
本土決戦に備えて末期民間代用雑嚢を作ろう
同じカテゴリー(製作品)の記事
 日本陸軍 昭五式背嚢・・・のようなもの (2014-03-07 22:49)
 日本軍外套用防寒襟 (2014-02-15 23:55)
 そういえば (2014-02-10 22:40)
 防寒装備でソ連軍陣地に突っ込んでウ゛ェールヌイたんの砲撃で吹き飛ばされたい。 (2013-11-20 01:26)
 糸巻きを作ろう (2013-03-12 18:28)
 本土決戦に備えて末期民間代用雑嚢を作ろう (2013-03-02 16:34)
Posted by ゆきかぜ at 13:01│Comments(0)製作品
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。